Construction example 施工事例


ドアパネル以外をリニューアル  滋賀県 N氏邸

Before

輸入住宅の現場では、ドアはスチール面材でさほど傷んでいないのに、枠にダメージが来ているケースを見かけます。
築17年です。縦枠とブリックモールド(外部ケーシング)がシロアリにヤラれた様子が目視で確認できる状態でした。新築から5-6年で雨漏れが始まり、しばらくしてシロアリが出るようになったそうです。

After

ドアパネルは再利用できると判断して、「枠、敷居、ブリックモールド、金物を交換する」ことをご提案しました。枠とブリックモールドは、腐食の心配を軽減できるコンポジット材をお進めしました。
やはり壁を一部作り直す必要がありました。
新しくした構造材には防蟻処理をして、ヒンジとドアを設置し直し。ロックセットを交換しました。お好みの色を塗装して完了です。

輸入住宅に関するお悩みやご質問などお気軽にお問い合わせ下さい。