本文へスキップ

株式会社ワイ・エム・エムは北米輸入住宅を専門とする会社です。

TEL. 0797-25-7930

〒659-0021 兵庫県芦屋市春日町13-5-506

100年輸入住宅 シェルキットホームHEADLINE

安心の構造と工法で納得の家造りへ

安心の基本構造

100年の耐用年数、耐震、耐火、防湿、保温、気密、遮音といった建物の基本性能を左右するのが基本構造です。私たちは日本の2x4工法に満足していません。輸入住宅とは名ばかりの構造で建築されている住宅も沢山見かけるようになった今日ですが、シェルキットホーム北米プラットホーム工法の高水準な性能を変えずに、良さをそのままに提供しています。

プラットホーム工法は、住宅が完成すると床や壁の内部を見ることができなくなる特性を持っていますから、それだけに、構造には細心の注意を払っておかなければなりません。断熱層を薄くしたり、根太を細いものにしたり、乾燥が十分でない材木が使われたり、重要な躯体部分の性能を下げられてしまったとしても、その時は分かりません。将来、木材が腐ったり、結露が起きたり、その症状は地震の被害など建物が壊れてからようやく気がつくことになったりしかねません。
シェルキットホームは、後で見えなくなってしまう箇所にはとくに厳格な基準を設けており、お客様にもその基準をお守りいただいています。
  

納得のフィートモジュール

プラットホーム工法が、合板の寸法を基準として編み出された工法であることを、建築のプロでも知らない人が少なくないことに驚きを感じます。

北米合板の表面サイズは1219mmx2438mm(4フィートx8フィート)です。合板の寸法を変えるだけで、それはプラットホーム工法とは呼べない工法になってしまいます。

シェルキットホームは北米の設計モジュールをそのまま採用しています。建物の頑丈さが保たれるのは勿論、廊下や階段が容易に広く確保できます。これによって、住宅の中を車椅子で楽に移動できる間取りも、費用のアップもなく簡単に作ることができます。また、窓やドアも大きなサイズにすることができるなど、より高い居住性を確保します。
 

心地よいデザインはしっかりした構造から

建物を見てなんとなく重厚にみえたりするのも、しっかりとした構造躯体が存在するからに他なりません。つまり、構造がしっかりした建物はデザインも良くなるのです。優れたデザインの住宅は、出来るだけ残そうとするものです。シェルキットホームはたった20-30年でスクラップにしなければならないような住宅は作りません。

住宅を100年間建て直す必要がないということは、リノベーションとメンテナンスが、その時代の生活スタイルやニーズに合わせていかに容易に行えるかということも重要なポイントになってきます。しっかりとした床や壁は、あらゆるデザイン性を可能にすることの他に、将来においても、その効果を十分に発揮してくれます。